「限界を超える」ということ

どうも、白黒灰脂です。

 

先月の話ですが、LIMITS世界大会終了しました。

東京に帰ってからは551の豚まんを食べて12時間爆睡してました。

 

自分にとって初めてのことばかりでなにから話せばいいのか分からなかったりしてますが、

 

予選からの三ヶ月間本当に楽しかった。

色々なアーティストと話させてもらいました。

僕みたいな駆け出しにも気さくに話してくれ、飯にも誘ってくれたり、アーティストだからこその深い話もしてくれた。

 

こんなこと普通に生活してるだけではまずないことすぎて

少し舞い上がってしまったかと後々後悔も。

 

元々はせかビー店長から教えてもらったことで知ったLIMITS、様々な見せ方で描くアーティストが20分で創り出すイラストに惹かれて参加したことから始まったこの三ヶ月。

 

大阪予選も東京予選も参加しました。デスクトップ引いて真っ赤なツナギで。

敗者復活戦も呼んでもらえて嬉しかった。

まったく呼んでもらえるとは思ってなかったのでとても光栄だった。

 

だから、自分でも「一回でもいいから本戦ステージに立てればいいな」と思って練習してはいた。

いままで馬鹿にしてきた人を見返すつもりで描いてきた。

 

でも全然足りなかった。何一つ足りなかった。

場数や経歴やセンスももちろんだけども、それだけのせいにしたら恥ずかしいほどに。

 

本戦出場の方々ともお話させてもらいましたが、そもそもの絵に対する欲のステージが自分と遥かに違っていて、それに見合う苦悩と努力あるからそこにいたのだと気付かされた。

敗者復活一回戦で負けた時も「くそぅ負けた」という悔しさより、

「負けたでも楽しかった」という楽しさより、なによりも情けなかった。

 

とても楽しくて、でもすぐに終わって、それが自分の弱さのせいでと思うと泣けてきた。

敗者復活戦を盛り上げてくれた応援団長は控え室で言ってくれた。

 

「忘れ物は忘れたとこにしか取りに行けないからな」

 

心に刺さりました。いくら言い訳しても、いくら泣いても、最終的に自分で取りに行かないと自分はどこにも行けない気がした。

だから、また来年もLIMITS参加しようと思います。

 

いまでは本戦ステージに立つなんて出来ないし自分でもまだまだ足りないと知っているけども「執念で参加する」のでなく「執念で勝ちに行く」つもりで。

 

忘れ物を取りに大阪にまた帰ります。

 

最後にLIMITS実行委員の方々、関わった全ての方々。わざわざ見に来て会いに来てくれた方々、ポスターをお店で張り出してくれたり、応援して送り出してくれた方々、LIMITSで話してくれた全参加アーティストの方々、本当にお疲れ様でした

 

そして、ありがとうございました!

続きを読む 0 コメント

あけました。

続きを読む 0 コメント

東京リベンジ、傷痕残したか

どうも、白黒灰脂です。

年の瀬です。

 

デジタルイラストのガチンコバトルLIMITSの東京予選両日に参加してきました。

二週間前に参加した大阪での大会と同じ内容で、今回は東京での予選です。

 

【予選結果】

一日目 最終選考敗退

二日目 最終選考敗退

 

一日目、大阪発信の大会だけあって予選参加者が10人程で何人か大阪予選でお会いした方が。スタッフも大阪予選で関わっておられた方ばかりで知ってる方がいるだけで緊張が和らいでありがたかったです。

大阪予選の時の経験を活かして、漫画的な効果を使ってのイラストを主軸に「これは面白いだろ」「突っ込み所があるだろ」という趣旨が分かりやすい描き方を心掛けてみる。画力が足りないことも思い知ってたのでアイデア勝負という意気込みでした。

 

一次選考は通ったものの最終選考で惜しくも敗退。その後、一日目の予選を勝ち抜いた代表者が本戦初出場ということで「一対一」で「観客(この時は他の出場者)からの投票」で勝敗を決める本戦ルールでのエキシビションバトルをさせてもらいました。予選を三回も経験したせいか何故かこの時点で妙な「かかってこい」精神に。

結果はまさかの僕の勝ち、より分かりやすい描き方にしたのがウケたのか?ともあれ代表者のイラストもとても素敵、世界は広いです。

 

二日目、一日目があまりにものびのびとやりすぎたのか最後の予選だから緊張したのか後で見返すと少し固いような余計なことを考えすぎているようなそんな気がします。ですが基本はいままでと同じ「分かりやすく」漫画チックなイラストで臨みます。

最終選考珍しく時間配分完璧で描き上げられましたが惜しくも敗退。

 

そして、一日目と同じく今度は希望者同士でエキシビションバトルしようとスタッフから嬉しい提案。

昨日僕したし今日は他の人に譲ろうとボケッとしてるとスタッフさんから「昨日した人でも良いですよー(チラッチラッ」と。

僕しかいないやんけ…、と思いつつ凄く描きたかったので参加させてもらいました。相手は青森から来られた方、たまに覗く方言が滅茶苦茶チャーミングな男性。

 

結果はまたまた勝たせてもらいました。二日通してエキシビションバトル二連勝です。なんでしょうね、一対一なら負けない的なタイプなんですかね。

最後には個別でインタビューもされて、その程度には注目されていたと思いたいです。

終わって思いましたが、つくづく面白い大会でした。こんなにギリギリな状況で生まれるイラストはどれも素敵でしたし、どんな人でもどんな考えでも結局絵が好きな生き物なんだという空間がとても楽しかった。

初出場だし来年またやるならもっとレベルアップした状態で臨みたいです。

本当はもっと描きたかったですが。

続きを読む 0 コメント

個展終わって大阪へ

どうも、こんばんは

 

えー、遅くなりましたが新宿ゴールデン街・FLAPPERさんでのグループ展「東京逆説パラドクス」無事に終了しました。

続きを読む 0 コメント

東京逆説パラドクス

お久し振りです。白黒灰脂です。

 

久し振りに個展をします。

 

 

続きを読む 1 コメント

COMITIA117

どうも白黒灰脂です。

 

事後報告ですがサークル名「よもやま画報」としてCOMITIA117に参加してきました。

続きを読む 1 コメント

鯰エフェクターその名も「Catfish-Overdrive」

お久しぶりです。白黒灰脂です。

 

今日はたまにスタジオに入ったり飲みに行ってる「逆説パラドックス」のメンバーと久しぶりに飲みました。

 

そこで「認められること」について考えさせられる濃ゆい内容を話したのでなんとなくつらつらと。

 

僕は絵を描く人間として生きているので、もちろん描いた絵を第三者から「凄い」「上手い」と言ってもらうことはとても嬉しいですし、「認められる」ことで自分が「この世にいていい人間」と思えます。多分それが僕の「承認欲求」だと思いますし、人それぞれ絶対にあると思います。

 

「かわいい」と言われたくて化粧や服に気遣う人や、「話しやすい」「面白い」と言われたくて話し方を試行錯誤する人それぞれいると思います。

それ自体はなにも後ろめたいことは全くなく純粋で無垢な欲であり、自然だからこそ素敵なことだと思います。

 

ただ、自分のいままさに欲しいだけの欲しい形の認証なんてもらえるわけがないと思います。

そもそも生きていて無条件に褒めてくれることなんてまずないと思います。

 

自分に納得ができないことは勿論あります(もっといいものが描きたいとか)がもらえるものはこの先全くない可能性も全然ありますので、色々な葛藤の中絞り出された自分にかけられた言葉は少なくとも等身大な好意だと思いますので抱きしめて愛することが大切かなと思いました。 

続きを読む 0 コメント